2004年10月3日日曜日

でました

そう言えば、この前トッカフォンドの「小さなロシア」を
リトルモアギャラリーへ見に行った。上映会付だったから。
あの絵柄がシュールに動く、流れるように・・・
いい意味で「こんなにラフでもいいのね?!」と思う。
展示された原画は、とっても筆の運びが伸びやかで、
自身を持って描いてある様に見えた。
そのあと、クレヨンハウスに立ち寄り、
絵本地獄から抜け出せなくなった。
給料日直後だったのもあり、塗り方のお勉強にと
3冊の絵本と1冊のエッセイを買ってしまった。
ギャラリーでも「小さなロシア」を買ったばかりなのに。
でも、百貨店で良いカットソーを1枚買った値段と変わりなく
それを考えたら有意義なお買物でした。
立ち読みした、長新太さんの『ちへいせんのみえるところ』
の絵本は見事期待を裏切られ、思わず衝動買いしそうに
なってしまった。本屋で見かけたらぜひページを
めくってみて欲しい本です。
あの展開で¥1,680(税込)果たして出せるだろうか・・・

0 コメント :

コメントを投稿

 
;