2004年12月14日火曜日

GALLERY HOUSE MAYA企画「Once upon a time 昔むかし…、」

12月13日(月)~12月23日(木)ギャラリーハウスMAYAで開催の
GALLERY HOUSE MAYA企画「Once upon a time 昔むかし…、」へ行ってきました。

SNWでお知り合いになった、木内さんをはじめ、
様々な作家の方々が童話の中の「せつなさ」「かなしさ」を表現されていました。
上のテーマは私も常日頃から目標にしているので、 お勉強の意味も込めて見に行ったのでした。
実はイラストレーター志望なのに初MAYA..大方向音痴なものだから 暗いと道に迷います。
何度か近辺をさまよって18時過ぎにようやく到着。
小さなスペースには既に人だかりが。 当然ながらレベルが高く個々の作家さんの表現に感動。
来年はアンデルセン生誕200年というだけあって、マッチ売りの少女やイーダーちゃんの花など、
アンデルセン原作の作品も何点かありました。
でも、やっぱりオープニングって苦手です。小さな会場に一人で乗り込んだのはかなり無謀だ~。
皆さんお知り合い同士だった ので、きっかけが掴めず胃が痛くなっておいとましました。
うぅん、情けない。電車の中で揺られながら切なくなっていました。

駅についたので一息いれたくなり、喫茶店へ。 コーヒーを飲みながら手帳を開いたら、
バカラックの曲が 流れていた。切ない・・・

家に帰ってその事を報告したら、仕事柄パーティ慣れした義父は
「誰か知り合いと行けば良かったね。もっと会場が広かったら 一人でも声掛けやすいけどね。
でもよく一人で行ったよ。」と 言ってくれた。
はぁ~切ない。

0 コメント :

コメントを投稿

 
;