2012年7月24日火曜日

マーティン・ゼール博士による「タイムカプセル」の記事(アメリカ心理学会 2010年4月 第41巻 第4号)を読みました。

マークに関するこちらの記事、物凄くおおざっぱですが翻訳してみました。
日本語が変な箇所がありますので原文で読んでみるのがお勧めです。



マーク・トウェインの心理学―作者の痛烈な社会的主張は心理学に深く根づいている。 (マーティン・ゼール博士による)




大いに「誇張された」死の1世紀後、マーク・トウェインは歴史と文学への関連を示し続ける。ミズーリ州ハンニバルでの幼児期から、印刷工、蒸気船の水先案内人、探鉱者、ジャーナリスト、講演家、出版者、作家としての職歴を通じ、彼は世界的に有名な人物となり、1910年4月に没した。
トウェインは「単なるユーモア作家」をはるかに超えた存在である。その頃、辛辣な社会評論家としての評判は、反帝国主義の著作、人種や男女差別への非難を通じてその地位を確立させた。(例えば、動物実験の生体解剖への反対を含めた動物の治療に熱心な支援をしている。)

恐らく、あまり知られていないのはトウェインと心理学との繋がりだが、彼のキャリアを通して書かれた著作の人間性と魅力に支配されていた者なら、その分野に関心を寄せるのは当然である。
生涯を通じ、トウェインは熱心な自然科学や人間行動の研究家であった。 「人間の由来(The Descent Of Man) 」読了後、早くからダーウィン進化論の支持者で、英国旅行中にダーウィンと会う機会を得た。また、「心理学の諸原理(The Principles of Psychology)
※この主題に関する最初の公式文章」の著者ハーバート・スペンサー(Herbert Spencer)はトウェインと会い、本能の起源と変容への抵抗に関するトウェインの考えに感化された。

トウェインとアメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズ(William James)との繋がりはこれまでにもたくさん書かれている。トウェインはジェームズの文学的著作の特定のファンではなかったが、共に心霊研究のために新しく作られた心霊研究協会アメリカ支社に加入した時、弟ヘンリー、トウェイン、ウィリアム・ジェームズは、1884年以降、多くの関心と交友関係を共有した。2人は超常現象に対する関心を共有し、特にトウェインはテレパシーの可能性に興味を持っていた。そしてそれは、ソサエティーズ・ジャーナル紙(the society’s journal)の第1巻で「心の電信術」として紹介された。

トウェインとジェームズは1892年イタリアで会い、1894年ジェームズはアメリカ心理学会の代表となった。(任期1894年-1904年 参考) 彼らは自分たちの人生の残りに活動的な友情を維持した。(尚、ジェームズは1910年に亡くなった)


※正確には「1892年イタリアで会い、同年ジェームズはアメリカ心理学会の初代代表となった」と書かれていましたが、日本版Wikipediaに「ホール博士が初代代表を務めた」とあり、情報と異なるのでAPAのウェブサイトで調べたところ、ジェームズ医師は3代目でした。(ソース

1892年 グランビル・スタンレー・ホール博士(初代)
1893年 ジョージ・トランブル・ラッド博士
1894年 ウィリアム・ジェームズ医師



トウェインは友人の行動分析に強く影響された。彼は大きな関心を持って習慣に関する章を読み、歴史改変小説「アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー(A Connecticut Yankee in King Arthur’s Court, 1889年)」からのこの引用に示されるように、「トレーニング」の重要性を彼自身の見解で認識した。

「造物主なんてものは無い。我々がそのまぎらわしい名で呼ぶものは、たかが遺伝やトレーニングにすぎない」


ジェームズとトウェインとの関係は米西戦争後、アメリカによるフィリピン占領に反対して強化され、1904年ジェームズは反帝国主義者連盟副議長に選出され、トウェインはその組織のニューヨーク支部副社長であった。ジェームズは間違いなく、彼の友人の主張に同意した。

「私は反帝国主義者です。鷲が他の土地へその鉤爪を置くことに、私は反対しています」

トウェインとジェームズはフィリピンの独立運動の指導者に対してアメリカ軍の拷問の(具体的には水責めの)使用を非難し、トウェインにより「水治療法(water-cure)」と冷笑的に言及された。トウェインの公式伝記作家アルバート・ビゲロ・ペイン(Albert Bigelow Paine)は述べた。

「彼がその主題の感情を表現すると約束した時、印刷物の中でどんなことでも遠慮なく言うのは絶対に不可能だったと書くためにペンを紙面に当てると、彼は激怒した」

この期間中、これと他のアメリカの軍事作戦に対する言葉の攻撃において、トウェインによって使用された即時性と明確な毒舌は、恐らく、今日の心理学者の間で受け入れられるだろう。同じ10年間、トウェインは反生体解剖運動(動物虐待への生涯憎悪の分派)においても活発で、婦人参政権(「私は女性の手でその鞭打ち症(投票)を見たいです」)(彼の死後10年まで、アメリカ合衆国において遂げられなかった目標)の提唱者としても意見を述べていた。


「彼らも私と同じくらい分かっている」

トゥエインの執筆を特徴付ける一つの品質は、「他人」の目を通して世界を見る不思議な能力であり、作品に注ぎこむ感情移入の強調である。形式的心理学の観点から、トウェインと彼の最も注目すべき人格は、ジャン・ピアジェの4段階(段階説。Piaget's 4 又は Piaget's stage four)の範囲内で行動し、いくつかの視点から彼らの環境が分かるよう、彼らの能力を示していることである。基本的人権を暗黙のうちに認めるという点で、道徳的な発展のローレンス・コールバーグの段階に記述される「ポスト従来の道徳性」の中で、トウェインの主人公は動いている。

トウェインの視点の柔軟性の初期の例は、初期の主要な作品「赤毛布外遊記(The Innocents Abroad)」の以下の否認とともに、「順風」のために船に乗って「不平をこぼす人」の祈りに関して意見する時に含まれている。

「これが毎年この時期に東へ行く唯一の船であることを、彼らも私と同じくらい分かっているが、千の来たるべき西がある―我々にとっての追い風は彼らにとっては頭風だ!」

また、「赤毛布外遊記」は不変のままである、そして「人間の性質は世界中ほぼ同じである」という、トウェインの判断を含んでいる。
彼の道徳的な深化の過程で、他の視点を徐々に採用する人物で最も有名な例は、ハックルベリー・フィン(Huckleberry Finn 「健全な心」と「歪んだ良心」との衝突を具現化する少年)である。ある場面で、分散した彼の家族のことを考えながら奴隷のジムの苦痛を目の当たりにした後、ハックはこう結ぶ。

「僕は彼が白人と全く同じように大事に思われていると強く思う。それって不自然に見えるけどそうだと思うよ」


「ハックルベリー・フィンの冒険」の主要な「教訓」がもう一つの視点を採用する能力の形質転換力であると読者が結論するのは、あまり大した「大ぼら(stretcher)」ではない。
トウェインは「王子と乞食(The Prince and the Pauper)」の経験の貢献の中で文字通り性格のスイッチングを用いており、後者の「二人の運命は二度変わる(Pudd’nhead Wilson」」では人種問題における環境の圧倒的影響の例を構成している。
一部では、彼の「歪んだ良心」の過剰学習された面を拒絶するハックの能力は、ふるまいの決定要素として環境要因の力に関するトウェイン自身の意見を反映している。


「外側の影響は常に我々に流れ込んでいて、我々は常に彼らの命令に従っていて、彼らの意見を受け入れている」)


「呪われた人類」


マーク·トウェインの生涯の著作レビューからの証言は、人間性についての彼の視点の中で行動主義、決定論的な傾向の見方を裏づけている。彼のあまり知られていない記事―例えば「ありきたりな意見(Corn-Pone Opinions)」―制御状況や周囲の状況に関するトウェインの評価を強調している。

「あなたは人が南部風になることを私に教えているね。じゃあ、あなたに翼(pinions)のことを教えてあげましょう」

別の記事「私の人生の転機(The Turning Point of My Life)」で、彼は自身の人生の中の外部要因の重要性を強調する事件の連続を、あるいは「状況の連鎖(chain of circumstances)」の中の「接続(links)」を分類する。しかし、トウェインは多くの指導者が気付かないフロイトの心理学(Freudian psychology)と結び付いている。

1898年から1899年の18ヶ月間、クレメンス家(トウェインの本名)はオーストリアのウィーンに住んでおり、トウェインの人気は地球のどんな場所でも同じくらい強かった。彼を公の場に姿を見せるための招待は、当時ほとんど知られていないジークムント・フロイトを含む世紀末ウィーンの市民によって切望された。

彼は同僚ヴィルヘルム·フライスへの手紙の中で、フロイトが別の医師の講義を欠席することを以下の文で説明している。

「シュヴェニンゲルのパフォーマンスはそこではお喋りサーカスで、真の不名誉であった!もちろん、私は出席しなかった。その代わりに、私は自分で我々の旧友マーク・トウェインのお話にありついた。そして、それは真の喜びであった」

シュヴェニンゲル(Ernst Schweninger)とは、オットー・フォン・ビスマルク(プロイセン及びドイツ帝国の政治家。ドイツ統一の立役者として知られ、「鉄血宰相」と呼ばれる)個人の医者であった。トウェインとフロイトがこれまでに会ったかどうかは疑わしいが、トウェインの長期滞在中、彼らの道筋は確かに頻繁に交差している。しかし、トウェインがユーモアの表現力でフロイトの巧妙に重要なインパクトを与えたとしても、わずかだったことは明白である。

21世紀の心理学や人間行動の研究で、トウェインに関連性があるどんな疑問も1つの最近の例で払拭することができる。

人間の努力の様々な領域における成功の主な要素を解説している議論と事例を、マルコム·グラッドウェル(Malcolm Gladwell)によるベストセラー「局外者(Outliers)」でよく考えて頂きたい。

もし、グラッドウェルがマーク・トウェインの著作を全く読んだことがなかったとしたら、彼が偶然とトレーニングは、人間行動の重要な説明的構成要素です、というトウェインの結論に同意することは疑う余地がない。実際、トウェインの1906年の本「人間とは何か?(What is Man?)」と「局外者」との1つの重要な違いはグラッドウェルの目的や、データベースの結論とトウェインの主観や体験型目的の置き換えである。

トウェインの記事「のろわれた人類」は、彼自身を含めたメンバーの行動に関する辛辣な論評で、彼が母親の影響に端を発していることへ感情移入して動機づけされる鋭い観察に基づいていた。(彼女はハンニバル通りを放浪しているあらゆる野良猫をよく引き取った)

ゆるく「人間性」を称するかもしれない彼の生涯学習に加え、彼の時代の科学の積極的関心とが結びつき、彼の著作が心理学(我々自身の時代の心理だけでなく)の新進の形式陶冶に調和する彼らの焦点問題の子音として持つことは、思いもかけないことではない。 (終)

2 コメント :

kumicov さんのコメント...

いえいえーお付き合いくださいましてありがとうございますー!
こういう論文を読んでから「44号」を読んだら
分からなかったところが分かってきたりして
面白いところが増えそうな感じがしました。
「アーサー王~」も読んでみたいです。

mariko さんのコメント...

凄いです。ありがとうございます!

コメントを投稿

 
;