2012年7月24日火曜日

正体

最近、自分のマニアックぶりがばれ始めたようで、
クミコフさんってこんな人だったんだ!とよく驚かれています。
自分で我慢していた部分もあるのだけど、
逆に、どう見られていたのだろうか?と気になる部分も。

学生の頃、能面(小面)を被った青年とアフロの青年が闘う
ペーパーアニメーションを作っていた時に、
アイデア帳を見られたことがあって、
「え?!クミコフさんって、もっと上品でクールなイメージだったのに!」
と叫ばれてしまいました。
しまった!クールにしておけばよかった・・・でも上品なのは疲れる。

この時、謎は謎のままの方が美しいのかもしれない、と思いました。
でも、やはり本能は隠し切れなかった。

正体 ― 隠していてもかもし出されるもの。
考えるな、感じるんだ!です。

0 コメント :

コメントを投稿

 
;