2012年7月24日火曜日

アーティスト・ジャパン



週刊 アーティスト・ジャパン第6号の上村松園に夫方の先祖(近代)、
日本画家の池田(榊原)焦園(Shoen Ikeda)が少し載っています。
ご本人のお顔を見るのは初めて。

フランス人浮世絵師ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)は
若い頃、池田輝方・焦園夫妻から日本画を学んだとされているそう。

松園は長生きしましたが、焦園は31歳で亡くなりました。
どんなに才能があっても若くして亡くなっちゃうのって儚い。
けれども、すてきな絵を残してくださったお陰で
今でもそれに触れられる、ということに感謝です。

��左)池田蕉園 「宴の暇」 (福富 太郎氏蔵)
��右)ポール・ジャクレー「The Yellow Eyed Boys」


The 6th artist of "the weekly artist Japan magazine" is Shoen Uemura. Shoen (Sakakibara)Ikeda is featured a little in this magazine.

Shoen is the Japanese traditional painter which is my husband's forefather. Paul Jacoulet of a French ukiyoe painter learned a Japanese traditional painting from Terukata and Shoen Ikeda. Terukata is her husband.
Shoen Uemura lived long, but Shoen Ikeda died at 31 years old.

Anyway, I am enormously grateful because they left amazing pictures.

��upper left) Shoen Ikeda
��upper right) Paul Jacoulet

0 コメント :

コメントを投稿

 
;