2012年7月24日火曜日

本とセネガル



出社後、お昼から暑い銀座へくり出しました。
友人のmaiちゃんのブックカバー展を見に行くためにです。

6月から知人の方々が、いろいろ展示しているので、
出かけることが多い、そして出費も比例して多い。
でも得るものの方がもっと大きい。
maiちゃんはマルチに活動していて、絵も本人もかわいいのだけど、
その媒体を布にしてもかわいさは変わりません。
しかも、海外から帰ってきてもっと素敵になっていました。
何でもできるのって、カッコイイなぁ~

それからみんなで半ば行きつけ感覚の西仏蘭西屋でランチ。
ここのカレーはコンパクトで美味しい。
しかも何かしら怪しいお客がいるので嬉しい。

店を出てさらに喫茶店Cafe' OHANAへ。
harumiちゃんとチーズケーキを食す。
クリームまでチーズ。。。雰囲気もオススメです。

さて夕方。セネガルのトップ・スターである、
ユッスー・ンドゥール(Youssou N'Dour)さんのライヴを
sayaちゃんと聴きに行きました。彼は「グリオ」という世襲制の語り部
��歌手だったりアドバイザーだったり)の家の生まれなんだそうです。
後で分かったのだけど、ホ○ダ、ス○ップ○ゴンのCMで流れている
「オブラディ・オブラダ」(ビートルズのカバー)も歌っています。

会場についたら、ルックスから雰囲気まで異国情緒。
足と尻はつながっていたのだと、アフロな人々の
無駄のないスタイルを見て納得。

ステージのセッティングも普通のライブとは違って、
コンガやらジャンベ(に見えた)やらアフリカンな楽器が揃っている。
ユッスーさん登場シーン、そしてインストに移る時の
キメのアクションがまたカッコイイ。熱いようでクール。

バンドのメンバーも7~8人いて、奏でるメロディもインプロビゼーションで
ポジティブで、テンションも上がり身体が自然に動く。
まわりのアフロさんたちが気付けば1階席に移動して踊っている。
どっちが出演者なのか、訳が分からなくてそれがまた面白い!

久々に心地いい開放感につつまれた夜でした。
ありがとう。。。

0 コメント :

コメントを投稿

 
;