2012年7月24日火曜日

雹や嵐

昨晩、夢に向かってはりきっている私に良いアドバイスをください!
と聞いてみた結果がこれです。

問いに対する答え・結果→ペオース(パース)
ギャンブルと秘密のルーンともいわれ、人生での挑戦も意味します。
自分の選択は正しく、その賭に勝てるそうです。
また、今まで知らなかった秘密の情報が明らかになるとも言われます。

現在の自分自身の状況→シゲル(ソウイル)
勝利のルーンともいわれ、このルーンを引く人に希望と勝利を与えます。
精神的にも安定している事を意味するそうです。
ただ、行き過ぎてオーバーワークにならないようにとの事。

学ぶことや影響されること→ハガル(ハガラズ)
雹や嵐のルーンともいわれ、避けられない天災のようなものを表すルーン。
予測できない、避けられない不運や宿命を意味するのだそうです。

あらっ、いやだわ(←家政婦は見た!ニュアンス)最近ハガル率が上がってる。
タロットで言う「塔」に近いけれども、ハガルは思い掛けない喜びも
もたらすんだとか。

その例え話ですが、売れないバンドマンが思わぬところで大ブレイクし、
メジャーに転向するも、もの凄いハードスケジュールで
プライベートも無くなって恋人と別れたりだとか、体を壊して入院したり。
��・・ってことだ、多分。

ハガルを引いたら、いつかやってくる嵐を恐れずに受け流してください。
嵐の後には、安定した世界が壊されて、新しい世界が現れます。
そこには新しいチャンスが生まれます。
嵐の影響力を利用できれば、今まで以上の成長が期待できるでしょう。
...だそうです。

年末の交通事故といい、タクシー事件といい、
もう嵐は十分だと思っているのですが~あら、やだ!

頭にきた(笑)ので、ウェブ占いで、
『じゃあ聞くけれども、そもそも「嵐」って一体、どうすりゃいいのさ?!』
と聞いてみましたら、

ニイド(ナウシズ)
欠乏、忍耐のルーンといわれます。
このルーンを引いている時は、物事がうまくいかなくて、
忍耐が必要である時が多いのだそうです。
焦って動くと失敗するから、この停滞期の間に粘り強く努力を積み重ね、
実力upをする必要があると言われました。(現状維持)

��・・はい、その通りです。
ヤラのカードにもイスのカードにも、耐えるんだ、と励まされました。
これは地下活動するスパイのような感じなのか。

スパイ、いい響きだ。

0 コメント :

コメントを投稿

 
;