2012年7月24日火曜日

何ごとも略すでない!

「にいさん!これ!賞味期限!切れてます!」
のように、怒っている響きに神経質な感じや威圧感を覚え、
どうも怖かったドイツ語の響きが心地よくなってきたこの頃。

かといって喋れるわけでもなく理解できている段階にも
至っていないんですが、どうしても気になることがあって
ハードカバーのドイツ語の参考書を買ったのです。厚さは2センチくらい。
そのお陰で最近…死んでます(笑)
ただでさえ調べるのに時間を取られているのに
略語でかかれたりなんかすると混乱してしまい自爆状態。
あと何ページもあると考えたくないです。

たとえば昨日は『d.Res』という略語にぶち当たりました。
他のは何とか想像がつくのですが、最初どうしても分かりませんでした。
ドイツ語は英語と似ているので英語に似たものがないか考えてみたところ、
『Reserve』じゃないかなとひらめいた。予備軍っていう意味もあるし、
軍集団予備って訳してあったのをどこかで見たことがあります。
そこで調べてようやく『予備役』の略語だと分かりました。
ってあてずっぽじゃん!

いつまでもこのあてずっぽが通用する訳がありません。
今更だけどワカモノの略語も暗号のようで、英語のセンテンスの略語も
内輪ネタじゃないの?ってくらい訳が分からん。
図解してもらった方がかえって分かりやすいかもしれません。

もーーホントに略語。。。止めてよし。

にほんブログ村 その他日記ブログへ

0 コメント :

コメントを投稿

 
;