2012年7月24日火曜日

微妙なモチーフ

みなさま、こんにちは。展示の会期が迫ってきました。

昨日、展示予定の作品を並べてみて、
他のに比べて(写実とか云々ではなく)密度が足りないということで
ワルシャワの3人の男の絵をボツにしました。
そうなってくると完成度が良いやつを出したくなります。

ということで、軍服の絵も展示することになりそうです。
できれは展示は避けたかったのですが。。。

モチーフの彼らはドイツ軍の制服を着ていますが、
反ナチ派の将校であるか、あんな時代であったために
戦わなければならなかった人。

話・イラストレーション自体も戦いをあおるような内容ではなく、
そういうコンセプトじゃないけれど( むしろ反戦がテーマ )
デリケートなモチーフだからかなり不安です。

もちろん「これは物語のための絵であり、戦争には同意しない」といった
注意書きを添えるつもりですが、
制服を見ただけで不快になる人もいるんじゃないかと思ったり。。。

Deviantartではこういった説明を添えて出しました。
一番ホッとしたのは、彼らが感情抜きに絵として見てくれたことであり、
戦時中は敵だった数名のポーランド人にも気に入ってもらえたことでした。

でも、通りすがりの人が見たら分からないですものね。
なので、私の意図を汲んでくだされば……と願います。

P.S.
制服のこと心配だったけれど、マットを組み合わせたらナチュラルな印象になりました(^^)
絵としてみていただけたらと思います。もちろん、普段着(?)の人も描いています。


にほんブログ村 イラストブログ プロイラストレーターへ

JUGEMテーマ:アート・デザイン
 

0 コメント :

コメントを投稿

 
;