2012年7月24日火曜日

Live-Evil



1970年、ワシントンD.C.におけるクラブ、
セラードアーのライヴとスタジオセッションを
カップリングしたアルバム。

上から読んでも、下から読んでもLIVE-EVIL。
エレクトリック・マイルス時代の中で一番カッコいいと思った。
初期から後期へのアルバムジャケを見ていくと、
マイルスの顔が若返っていく感じがする。

それにしても、ものすごい豪華メンバー!

「Sivad」のイントロで、ジャック・ディジョネットのドラムロールから、
バックにマイケル・ヘンダーソンのベースとアイアート・モレイラの
パーカッションが加わり、土臭いリズム感が漂う。
ドラム担当の私は、どうも低音部やリズムセクションに
耳が行ってしまいます。

マイルスの演奏もかなり気合入っていますが、
前半のジョン・マクラフリン(g)とキース・ジャレット(elp, org)は
燃える演奏対決で必聴です。

0 コメント :

コメントを投稿

 
;