2015年6月23日火曜日

春夏おすすめの香り

イラストレーターなのに香りの記事が増えてスミマセン(^^;)

Fragranticaさんにて秋冬から春夏へ目安になる香りをメモする等
自分の好きな香りの欄をいじくりました。
秋冬...て今頃かい!なんですが、秋冬春&夏と区切って考えていたのでこうなりました。
夏に着けても大丈夫そうな香りを自分なりに記録しておこうと思ったのです。
香害になってしまうので強めの香りは出来るだけ避けました。
間違っても「こんなに素敵な香りだから共有したい(バシャバシャ)!」
と突っ走って振りまいてはなりません(汗)


Acqua di Colonia (Santa Maria Novella) シトラスアロマティック 1533年
「王妃の水」で知られる、歴史あるフィレンツェのオーデコロン。


Hammam Bouquet (Penhaligon's) オリエンタルウッディ 1872年
ルキーノ・ヴィスコンティ伯爵が愛した、官能的で清潔感のあるトワレ。


Apres l'Ondee (Guerlain) オリエンタルフローラル 1906年
雨上がりの日差しがキラキラと降り注ぐ情景を表現した香り。
(公式サイトより)ジッキーの系統。


Colonia (Acqua di Parma) シトラス 1916年
上品な甘さの奥に渋みが潜む出すシトラス。O・ヘップバーン等の著名人に愛された。


Vent Vert (Pierre Balmain) フローラルグリーン 1947年
第二世界大戦終結後に作られた、自由で清々しいグリーンノート。


Ninfeo Mio (Annick Goutal) ウッディアロマティック 2010年
イチジクの葉の青さが涼しげで儚げで、ナチュラルに心へ働きかける香り。


Jersey (Chanel) フローラルウッディムスク 2011年
ラベンダーとバニラの、両性具有を感じさせるアロマティックな香り。


0 コメント :

コメントを投稿

 
;