2012年7月24日火曜日

麦の穂をゆらす風(The wind that shakes the barley)



監督 ケン・ローチ
脚本 ポール・ラバティ
音楽 ジョージ・フェントン
出演 キリアン・マーフィ ポードリック・ディレーニー リーアム・カニンガム

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞作品なんですって。
舞台は1920年代、アイルランド独立戦争から内戦を1つの兄弟や
その仲間たちを通して語られます。
憎しみの連鎖に終わりが来るのだろうか?
ケン・ローチのとてもストレートでシンプルな表現に言葉は要りません。
憂鬱になってもいい時に、ぜひご覧になってみてください。
個人的には、兄さん役のポードリック(Pádraic Delaney)が良かったです。

あんまり内容をばらさないように、という事で少しへぇ~と思ったこと。
キリアン(弟役)ってボードリック(兄役)より年上。。。何とみずみずしい!
ロードオブザリングでもミランダ・オットーとその兄貴カール・アーバンとは
5歳カールが若かった。

老いや若さを超越できる俳優という職業は大変だが素敵だ。努力に感服します。
それと、ケンにも乾杯です。

0 コメント :

コメントを投稿

 
;