2012年7月24日火曜日

ベンのトランペット



レイチェル・イザドラ 作
谷川 俊太郎 訳

近所のジャズクラブから聞こえてくる音楽に夢中の
貧しい黒人少年と彼があこがれている
トランペッターとの交流を描いた作品。
79年コルデコット賞次席作です。

こんなクールな絵本を初めて見ました。
6歳からっていうことだけど、
オヤジが友人と煙草をふかしながら
カードゲーム。バンドのメンバー紹介、
そして最後のトランペッターの決めゼリフ。

ハードボイルドな絵からはリズムが
聞こえてきそうです。
谷川俊太郎さんの翻訳も又カッコイイ。

やってみようじゃねぇか。

0 コメント :

コメントを投稿

 
;