2020年8月21日金曜日

電気圧力鍋と布団掃除機をお出迎え。

 皆様、こんにちは。さかきです。
 のんびりすぎて、毎度ご無沙汰しております(^_^;)
 実は、お盆前に布団掃除機を、お盆休み(有給扱)直前に電気圧力鍋を購入しました。

 布団掃除機は写真が無くて申し訳ないのですが、小型の縦型掃除機で、ダニやほこりを吸いつつ熱を加えるのでお布団が気持ちふんわりする(ような気がする)アイテム。

 本当はお布団を定期的に干したいけれど、家族に夜勤の人が要る等、全員が日中に起きていることがありません。それで最初は布団乾燥機の購入を考えました。
 しかし、布団乾燥機だと乾燥後に掃除機でダニを吸い取ることになり二度手間となります。考慮した結果、布団掃除機にしました。

 掃除機をかけるとダニがいた場合はオレンジや赤色にライトが光って教えてくれます。小型だと思って長いこと掃除機をかけていたら結構重い(汗)とはいえコストは安くて家計に優しかったです。

3Lでもでかく感じる。

 次いで、電気圧力鍋を購入した経緯です。何分兼業ですので作り置きが切れてしまった際には、当たり前のように帰宅してから夕食を作ることになります。(ヘトヘトな時はお惣菜に頼ることもある。本当にお惣菜作ってくださるスーパーのスタッフさん助かってます!)
 長時間通勤+フルタイムで帰宅(大体20:00前後)してから夕食を作ると調理時間が最短でも30分かかり、夕食は21時近くになるので、なにか良い方法はないかな……と「料理 時短 レシピetc」なんかを検索しました。

 すると電気圧力鍋を活用されている方々のページを見つけて「おおっ!」となり、幾つかの機種を調べているうちに、某密林でちょうど気になっていたメーカーのものがセール価格になっておりましたので思い切りました。

 思い切った、と言っても手が届くくらいのコストなので、心理的にもあまり負担にならなかったです。3Lと6Lがあり、私は3Lにしましたが6Lならば大家族の場合でも対応できそうでした。

 一昨日、モノは我が家に到着。義父母たちもちょうど電気圧力鍋をチェックしていたらしく「くみこさん、良いもの買ったわね~」と興味津々でした。特に元プロダクトデザイナーの義父は「アメリカで一番売れたみたいだね」という情報を教えてくれました。

お肉も柔らかい♡

 昨日は初めての使用で豚の薄味角煮(大根も入れたので薄くなった)を作ったのですが、お肉も大根も軟らかかったです。これほど違うとは!
 何より、調理中に火加減を見ないで良いのは助かります。タイマー機能があり、調理開始時間を設定できるので、帰宅したら一品出来ている状態。炊飯もするからもう一品作れば済みます。

 炒め物、蒸し料理、煮込み料理等ができそうなので楽しみですー。レシピ本もついているので色々試してみようと思います。

0 コメント :

コメントを投稿

 
;